アダルト系業界は稼げる業界と思われる理由

一般的にアダルト産業は儲かるというイメージがかなりの人は持っていると思います。
ではなぜそのように思われるのかですが、それは需要が物を言っているからだと言えます。
アダルト系はニッチ産業と言える産業ですが、それでもやはりエロは儲かるのです。
アダルト系の産業ですと、主に男性向けののものが多いと思われがちですが、最近では女性に関してのアダルトな商品も数々出回ってきていますから、そういった方面での展開もこれから見込めるということになります。
そういった観点からも、アダルト産業は稼げると人には思われているわけです。
実際に、風俗嬢の収入などを見てみても、非常に高収入であることがわかると思います。
風俗嬢の中にはそれこそ、月に100万円以上稼ぎだすような嬢もいますし、AVなどに出演すれば、更に収入が増え、客層も増えるという具合なわけです。

先ほどニッチな産業と言いましたが、もはやここまで多岐にわたって広がりを見せているアダルト系の産業はニッチ産業とは呼べないものになっている気もします。
ただ、とんでもなく稼いでいると言われれば疑問も生じます、例えば、セックスをする際に必要となる避妊具、コンドームなどは非常に多く売られていて、使い捨てということも有り、回転率も高そうな人気商品に見えますが、そういったメーカー、特に品質に拘るようなメーカーでは、1商品あたりの利益単価はそれほど高くないと言われています。

荒稼ぎをしているようにみえるアダルト産業ですが、その実、世間一般で思われているほどには、稼げていないということです、ただし、それでも十分な儲けが出ていないかと言われればそれも否でしょう、十分に儲かる産業では有りますが、一般的に想像する荒稼ぎなイメージとは乖離しているように感じます。

この世には男で半数を占めていますし、女性も最近ではそういったアダルト系の商品に注目していたりもしますから、「エロは儲かる」は間違った認識ではないと思います。
これからそういったコンテンツは増えていくことが期待されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です